加齢臭の対策は、お風呂で湯船にしっかり浸かろう

公開日: : 最終更新日:2014/03/12 体を健康に, 最高に楽しむ, 美肌・綺麗になる

Pocket

ふとした時にクッサ!言われてショック受けたあなた!加齢臭で凹まないためにも、日々の自然な対策でやわらげましょう!

お風呂の入り方の前に、
加齢臭は年齢的に出てきてしまうものですが、
お酒、食生活、ストレス、運動不足などが非常に関係して来ます。

お風呂の入り方だけでは改善できませんが、
出て来てしまった物を毎日少しずつやわらげる事ができます。

【お風呂の入浴方法】
まず大事なことは、
シャワーではなく、湯船にゆっくりとつかることが大事です。

一つの理由として、汗腺機能の低下があげられます。
昔に比べ、エアコンなど現代の環境で汗が適切にかく機会が減っている事も原因の一つです。
汗をかかない生活が続くと、老廃物や不純物がたまり時折汗と一緒に出てくるのです。

湯船にゆっくり浸かることにより、
しっかりと汗を出し、同時に溜まった汚れを出すことができます。

実際、長く風呂に入るとお湯があからさまに色が変わります。
そのように余計な汚れを出してしまえば、近々の加齢臭は抑えることができるのです。

また、お風呂の中でできる事の代表は、やはりメインの洗うことです。
石鹸やシャンプーなど加齢臭などに効きそうな工夫をして、
自分に合う方法を探して見て下さい。

おすすめ便利グッズ

柿渋系石鹸が大人気!らしいです何点かご紹介!

それぞれのページで加齢臭の原因と対策が書いてあるので、
見るだけでも良いかもしれませんね。

京都やまちや「濃い柿渋石鹸」

業界史上最高の柿渋エキス配合律だそうです。
試してみる価値あるかもしれません。

みつばちロード

ミツバチロードっておいしそうですね(笑)
柿渋エキスとローヤルゼリー等が肌にもよさそうです。

ニオイ対策石鹸『AGICA』

雑誌Goods Pressにも取石鹸代表としてり上げられています。
竹炭・銀などが成分として良いようです。

創業105年の老舗石鹸メーカーが開発した【薬用柿渋石鹸】

とても効きそうな柿成分の説明が色々とされています。
石鹸も柿色。ちょっとおいしそうですね。
もちろん顔にも使えて鼻のニオイとかにも良いかもしれません。

関連記事

お風呂での〜んびり映画鑑賞

お風呂で映画鑑賞も楽しい! お風呂という事もあり、保存してあるものだけでは飽きてしまう

記事を読む

お風呂は集中力の高まる最高の仕事場

記事を読む

服を着たままどこでもシャンプー

介護や災害時に頼れるどこでも使えるシャンプー機械を発見! ドライシャンプーですます場合もありま

記事を読む

まるでお姫様!?簡単アラブ風演出 お風呂を世界に

大人気!お風呂を世界の国にしようシリーズ アラブ風 毎日同じお風呂では飽きてしまいますね、

記事を読む

集中力を長時間持続させる超おススメの方法 お風呂のかしこい使い方

仕事や受験勉強などで常に頭をフル回転していると ある所でリフレッシュが必要になりますね。しかし時間

記事を読む

お風呂に24時間浸かり続けると体の変化はこうなる。実体験記

お風呂(湯船)に24時間入り続けると体はこうなります。 これは私自身の実体験してみた結果です。

記事を読む

お風呂の節約術実体験版

節約の基本は、まず水量を減らす事から。 水量を減らせば湯沸か時間も減らせます。 結構効果的な

記事を読む

の〜んびりくつろぎたい!お風呂にゆっくり長く浸かるコツ

風呂に長く浸かるコツです。 私は普段で平均2から3時間風呂に浸かっています。 夜入って朝日で目覚

記事を読む

お風呂のおとも 万能スマートフォン

スマートフォンは色々と利用できるのでお勧めです。 ネット、ゲーム、読書、音楽、メール、仕事など

記事を読む

お風呂のお酒は最高に美味いって本当?! メチャメチャ美味しいんです。

少しだけならお風呂でお酒 クタクタになりながら会社から帰宅。 そんな時は、キンキンに冷え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
湯船用ハンモック(開発中)

水の中で人間の浮力を活かしたハンモックを開発中です。 普通のは湯

冷え性改善の入浴方法

冷え性改善に有効なのは半身浴ではなく全身浴 冷え性には

髪を効率よく乾かす方法 タオルとドライヤー

冬は早く髪の毛を乾かさないと風邪をひきやすくなってしまいます。 効率

シャワーヘッドおすすめアイテム

自分家で使っていた節水仕様のシャワーヘッドが変な音とともに壊れてしまっ

水素風呂の効能とは

いわゆる水素水は効果あるのでしょうか。 私はまだ試したことありません

→もっと見る

PAGE TOP ↑